亀谷敬正ってどうなの?

  1. 1年前

    血統馬券の亀谷敬正について語ってみよう。個人的に血統学でドヤ顔したい人が使う印象が強い。

  2. 血統理論はファクターとして高尚に見えるが統計的な使い方が一般的なので後手に回りがち。
    単独としての重要性や効果は低く他ファクターと絡めて利用すべきだろう。

  3. 1年前ハクラクによって編集されました

    一度でも出走してしまえば血統から伝えられてきた要素がデータとしてあらわれてくる。つまり、出走を重ねるほど血統的に判断する余地は小さくなり、血統というファクター出走数が少ないほど生きやすいということ。

    芝からダートへ変わる時には参考になるが、よほどレース数が少なくない限りは過去の競走データを見た方が確実性が高い。これは基本的なことなのだが血統派でも知らないで使っている人がほとんどだろう。

    古馬のレースで使うよりも2歳馬の方が素直な結果がでやすい。ファクターは適切なシーンで使ってこそ効果をフルに発揮することができる。もし、血統は儲かるという先入観で使っているのなら考え方を変えないと間違い続けることになる。

  4. 最近好調のようで血統でもまだいけそうですね。開催変わりとか特殊な条件で使ってみようと思います。

  5. あとだしで勝ったと言っておけばいい仕事だもんなwww実はこのレース買ってましたww

  6. 色々な血統予想家の結論が違ってるという事実を冷静に考えると予想には使えねえってことだよな
    そもそも統計的な判断が血統の価値なんだから答えは似たようなものにならないとおかしい

 

または 登録して返信...