マイルチャンピオンシップ

  1. ‹ Older
  2. 2年前

    そういえばディープ産は前にいく馬で国内G1の2勝馬が生まれるみたいなこと言ってたっけ
    まあ気持ちのいい勝利ではなかったけどね

  3. 2年前かぎやによって編集されました

    必至に折り合いを教えていた馬が逃げに戻しての優勝でした。
    あやうく素質を台無しにするところだったと思うと育成も紙一重だと思えますねえ。
    そのパターンでネオリアリズムも3着だから意識変革のきっかけになるかも。

  4. ギャロップレーサーでオレがやってたことが再現されるとは
    あれで勝っても「ゲームごときに必死すぎだろ」と思ってむなしくなったな
    なるべくクリーンな騎乗に切り替えたけど勝てなくなったから飽きてやめた

  5. ネオリアリズムは良く番手で我慢できたと思うわ
    ハナに行きたがってガッツリ引っかかる可能性も十分あったし考えるとキリないな

 

または 登録して返信...